本団体主催第二回シンポジウム「災害に強い日本を創る」を開催します

進歩総合研究所主催第二回シンポジウム「災害に強い日本を創る ~国と地方自治体が行うべきことは何か~」が、2022年9月4日(日)に開催されます。

近年、日本においては、気候変動が関係すると思われる集中豪雨が引き起こす水害や地震など、自然災害が頻繁に発生しています。一方で、地方では人口減少により少子化、高齢化が急速に進行しており、災害発生時に住民同士で助け合いが難しくなってきていると指摘されています。

こうした現状において、住民の命と生活を守るために国および地方自治体が優先的に行うべき施策は何かについて、防災・危機管理行政の専門家である永田尚三関西大学教授にお伺いします。

開催概要
日時:2022年9月4日(日) 

時間:14:00~15:30くらいまで

場所:Zoomによるオンライン講演会

講師:永田尚三氏(関西大学社会安全学部教授)

コーディネーター:鈴木しんじ、斯波家剛、小笠原繁晴

一般参加費:1,000円(税込み)

シンポジウム上での質問:可能

共催:社会民主進歩党新国民同盟翡翠の会、立憲主党

講師紹介
永田 尚三(ながた しょうぞう)氏
関西大学社会安全学部教授
京都大学博士(人間・環境学)
慶応義塾大学大学院法学研究科修士課程修了
消防・防災行政、危機管理行政が専門分野
日本公共政策学会事務局長(2020年6月 – 2022年6月)
近著に「欧州におけるオールハザード型危機管理体制の最新動向」,『社会安全学研究』, 第12巻, 2022年.
単著に『消防の広域再編の研究―広域行政と消防行政』,2009年.

一般参加のお申込みはこちらへ
(下記のフォームにご記入ください)

    *がついている項目は入力必須です。



    お住まいの都道府県*

    職業*

    本シンポジウムの開催ををどこで知りましたか*

    参加料のお支払い方法をお選びください*
    (銀行振り込みの場合は、お手数ですが振込手数料はご負担ください)

    • シンポジウムのフライヤーです。

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。