設立趣旨

一般社団法人進歩総合研究所(進総研)は、進歩主義的な見地からより公正で持続可能な社会の実現に寄与するため、科学的な知見を持って政策提言・調査研究を行うことを目標に、2021年11月1日に設立されました。

本研究所は、以下の三つの基本信条に基づき諸活動を推進します。

■科学的合理性の重視
本研究所は、科学的知見に基づいて政策研究を行います。特に、理論経済学、ゲーム理論、統計学に代表される数理社会科学の手法を重視し、政治・経済・社会問題への分析に応用することで、客観的に数値化された分析の提示を目指します。

■官僚主導でない政策立案の確立
本研究所は、政党やそれに所属する政治家が、官僚に依存せずに合理的な政策立案や意思決定を行えるよう、政策プラットフォームとしての役割を果たすことを目指します。本研究所の理念を理解する諸政党・政治団体との交流・連携を進めていく所存です。

■常に革新的な研究体制の確立
本研究所は、研究所に所属する研究者の基本的な分析能力の質の確保に務めると共に、研究者の個性を最大限に生かして革新的な研究を生み出し、研究成果を政治・行政等に生かすことを目標にします。そのため、内外の大学等研究機関とも積極的な連携を進めていく所存です。